人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

現金と免許証だけではレンタカーは借りられない

自動車 ビジネス 企業動向

大手レンタカー各社は、この秋までにそろってレンタカー料金の精算方法を切り替えた。トヨタレンタリース、日産、マツダ、オリックス、ニッポンのレンタカー会社5社を例に調べてみた。

各社は、原則としてクレジットカード支払い求めている。もはやレンタカーは現金と免許証だけでは借りられなくなっている。どうしても、現金で精算したい場合は本人確認書類の提示が必要だという。

本人確認書類とは、電気やガスなどの公共料金領収書、社会保険料領収書、国税・地方税領収書、納税証明書、健康保険証、発行2か月以内の住民票、印鑑証明、顔写真付の外国人登録証明書、社員証、学生証と、延々と羅列されている。

中には支払い方法に関係なく、初めて利用する場合に本人確認書類の提示を求めるオリックスレンタカーのような会社もある。

本人確認の書類があっても、すべての車両が借りられるわけではない。トヨタレンタリース、オリックスレンタカーは、高級車クラスの現金精算を認めない。

マツダレンタカーのように「本人確認書類をご用意いただく場合もります」という柔らかい表現に留めているところは、むしろ稀だ。

レンタカー会社にとって、すでに免許証はよほど信じるに足る本人確認書類ではないようだ。免許証そのものについても、さまざまな制約を設けている。

たとえば、各社共通で表記住所と現住所が違う場合は本人確認書類を提示要求、ニッポンレンタカーは免許証再発行回数が多い人は貸し出しを拒否する場合があるという。

今も現金と免許証だけあればいいと思っている利用者は、突然の本人確認書類要求に戸惑うばかりでなく、出先でレンタカーを借りられないなんてことにもなりかねない。レンタカーはクレジットカードが基本。各社のさらなるPRは必要ではないか。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  3. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  10. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

アクセスランキングをもっと見る