【スバル インプレッサ 新型】ビッグマイナーチェンジで顔が

自動車 ニューモデル 新型車

富士重工業は、スバル『インプレッサ』を一部改良して16日から発売開始した。

今回の改良では、フロントグリル、ヘッドライト、フロントバンパーのを変更して新デザインを採用するなど、ビッグマイナーチェンジとなった。

フロントグリルのデザインは、航空機の翼をモチーフに採用、スバルのデザインアイデンティティを表現した。ヘッドライトは全体をシャープにしながらロービームランプに従来からの丸形状をモチーフとする造形を採用した。

リヤコンビネーションランプには、ヘッドライトと同様、丸形状をモーチーフとする造形を採り入れた。サイドシルスポイラーは、リヤバンパーサイドのスリットにかけて連続性のあるキャラクターラインを設けた新デザインを採用した。

インテリアは、「スポーツワゴン1.5i」に新たにベージュ色を設定、シート素材はジャージとトリコットを組み合わせた。「1.5i-S」、「スポーツワゴンWRX」のフロントバケットタイプシートに、グレーとオフブラックの2トーンカラーを採用するなど、質感、機能性の向上を図った。

価格はセダンの1.5iのFF、4ATが135万4500円。
《レスポンス編集部》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品