ベンツのコミュニティバス、大阪市が13台を購入

自動車 社会 社会

ベンツのコミュニティバス、大阪市が13台を購入
  • ベンツのコミュニティバス、大阪市が13台を購入
ダイムラークライスラー日本は、大阪市のコミュニティバス(赤バス)用としてメルセデス・ベンツ『トランスポーターT1N』をベースとするコミュニティバス仕様合計13台を大阪市交通局から受注したと発表した。

コミュニティバスは、都市部で大型バスでは通行できない道路幅の狭いエリアや、地域内住民サービスの一環として福祉施設や公共施設などを低運賃で結ぶ輸送手段として急速に普及している。

大阪市は2000年にコミュニティバスの赤バスの試行運転を開始、2002年にはその路線を大幅に拡大、現在市内21路線で運行している。

今回受注したコミュニティバス仕様は2005年3月に納車する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  2. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  3. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

    走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  4. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  5. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  6. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

  7. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  8. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  9. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  10. 高速乗合バス、シートベルト常時着用の割合は42.8%…消費者庁

アクセスランキングをもっと見る