【東京オートサロン'04続報】最もカメラ小僧が多かったブース!!

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

東京オートサロンといえば「ドレスアップカーとチューニングカーの祭典」だが、コンパニオン好きなカメラ小僧の皆さんにとっては「過激なコスチュームのお姉ちゃんを撮れる撮影会」といった位置付けだろう。

初日(9日)の朝から入場できる特別招待券がヤフーオークションで早い段階から流通していたこともあり、取材に支障を与えるのではないかと思うほどのカメラ小僧が集中していた。

だが、今回は例年よりも過激な衣装が少なく、そのあたりは肩すかしに終わったようだ。この結果、数少ない過激衣装のブースへカメラ小僧が集中。カメラ小僧が集るブースと、そうでないブースに二極化していた。

さて、記者が見た中で最もカメラ小僧を集めていたと思ったのが、韓国のタイヤーメーカーであるハンコックのブース。ここは水着風のコスチュームのコンパニオンが途切れることなくショーを繰り広げていたためか、ブースの前から全く人が動かず、滞留して周辺の他ブースへ迷惑を掛けるような感じがした。

また、相変わらず存在しているのが、ビデオカメラで局部を狙うローアングラーな方々。今回は取り締まりを強化しているブースも数多くあり、罰として「私はローアングル撮影をしました」と背中に紙を貼られたカメラ小僧もいたらしい。
《石田真一》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品