【ヒュンダイ『TB』上陸】開発コードが正式車名になったそのワケは?

自動車 ニューモデル 新型車

【ヒュンダイ『TB』上陸】開発コードが正式車名になったそのワケは?
  • 【ヒュンダイ『TB』上陸】開発コードが正式車名になったそのワケは?
  • 【ヒュンダイ『TB』上陸】開発コードが正式車名になったそのワケは?
ヒュンダイ『TB』は、今年5月に『クリック』(Click)という名称で韓国内での販売が始まり、その後ヨーロッパ市場で『ゲッツ』(Getz)として販売。そして今回ついに日本上陸を果たした。

『TB』とは「Think Basic」の略だと発表会では説明されたが、元々このクルマは「TB」という開発コードで呼ばれてきた。開発コードを正式車名にしたのは日本市場においてのみとなるが、その理由とは何なのか。

「我々としてはクリックという名称で出したかった。でも、ダメだったのです」と残念そうに語るのは、ヒュンダイモーター日本技術研究所のイ・ヨンチョル製品企画次長。当初は韓国と同じクリックという名称を使おうとしたのだが、日本ではすでに他の自動車メーカーが商標登録を申請済みだったというのだ。

「ヨーロッパ向け名称のゲッツも『ヴィッツ』と似てしまう。あちらは向こう(ヨーロッパ)では『ヤリス』という名前だからバッティングする心配は無いけど、名前の問題は本当に難しいです」と言う。

最初はいろいろと名称を考えていたようなのだが、社内的に「TB」と呼称する機会が多く、いつしか「シンプルな名前の方がいいのではないか?」という意見が多くなり、ついてには開発コードが正式名称になってしまった。

4月に発表された『ヒュンダイ・クーペ』も、韓国内では『トスカーニ』という名称で販売している。こちらも「ヒュンダイのクーペ」ということで名前が決まってしまったようだが、日本法人の社内的にはシンプル・イズ・ベストがひとつのテーマになっているのだろうか。
《石田真一》
  • 【ヒュンダイ『TB』上陸】開発コードが正式車名になったそのワケは?
  • 【ヒュンダイ『TB』上陸】開発コードが正式車名になったそのワケは?

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. ジープ初のスモールSUV レネゲード、9月5日発売…297万円から

    ジープ初のスモールSUV レネゲード、9月5日発売…297万円から

  2. トヨタ プリウス 次期型、決定的スクープ…前後マスクが見えた

    トヨタ プリウス 次期型、決定的スクープ…前後マスクが見えた

  3. 【フランクフルトモーターショー15】スズキ の新型コンパクト「バレーノ」、1.0ターボ搭載へ

    【フランクフルトモーターショー15】スズキ の新型コンパクト「バレーノ」、1.0ターボ搭載へ

  4. シトロエン C3 をワングレード化…フルレザーシート装備で215万円

  5. 【ジャカルタモーターショー15】屋外展示スペースになつかしの日本車

  6. トヨタ プリウス 新型偽装なし、スクープ写真全16枚

  7. トヨタもびっくり!? ヒュンダイ「プリウスハンター」全豹が明らかに

  8. 【フランクフルトモーターショー15】プジョー の新コンセプトカー、フラクタル …ハッチバックと判明

  9. 【フランクフルトモーターショー15】キアの小型SUV、スポーテージ 新型 …画像公開

  10. 日産のフルサイズピックアップ、タイタン 新型…ガソリンエンジン設定へ

アクセスランキングをもっと見る