【新型『レンジローバー』】BMW製エンジンと元BMWのボス | レスポンス(Response.jp)

【新型『レンジローバー』】BMW製エンジンと元BMWのボス

自動車 ニューモデル 新型車

車体寸法が大きくなったこと、そして豪華装備を詰め込んだことにより、新型は車重が従来より200kgほど重くなって2200kgを越えそうだ。ウェイトを少しでも減らそうとアルミ製ドアやボンネットを採用しているが、そのパフォーマンスと効率の良さは、新開発のBMW製4.4リットルV8エンジンの貢献が最も大きい。

このユニットは現在のBMW に搭載されているのと基本的に同じだが、レンジローバーならではの設計変更が加えられた。典型的なのは45度の傾斜でも作用する潤滑システムである。出力は280bhp(公式発表はまだ)、これで最高速度は210km/h、0-60マイル/h加速は10秒以下になるだろう。モデル導入時には3.0リットル6気筒ターボディーゼルも設定される。

全体の開発プロジェクトは90年代後半、ランドローバーがまだBMW傘下にあった時に始まった。つまり当時のBMWの商品開発の総責任者、ウォルフガング・ライツレーがレンジローバーの企画には多大に関与しているということだ。その後ランドローバーはフォードに買収され、ライツレはそれより前にフォードの高級車グループのトップに就任、再びランドローバーを監督する地位に立っている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品