三菱『eKワゴン』を21カ月で開発しなければならなかった | レスポンス(Response.jp)

三菱『eKワゴン』を21カ月で開発しなければならなかった

自動車 ニューモデル 新型車

三菱『eKワゴン』を21カ月で開発しなければならなかった
  • 三菱『eKワゴン』を21カ月で開発しなければならなかった
販売好調が伝えられる三菱『eKワゴン』は、開発期間21カ月で発売された。リードタイム短縮はコスト削減につながり、マーケット動向とのずれも少なくなる。とはいうものの、記録的といわれるスピードで急ぐ必要が三菱にはあった。

相川哲郎プロジェクトリーダーは解説する。「98年10月に新規格軽自動車が発売されて、三菱のクルマは目標台数を販売したのですが、他社の伸びがそれ以上で、三菱のシェアが相対的に落ちてしまいました。そこで急きょ、シェア回復が必要となったわけです」
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品