GM-いすゞ共同開発の次期ピックアップのコンセプトを発表 | レスポンス(Response.jp)

GM-いすゞ共同開発の次期ピックアップのコンセプトを発表

自動車 ニューモデル 新型車

いすゞ自動車は、GM(ゼネラルモーターズ)と共同開発したピックアップ・トラックのコンセプトを公開した。GMグループの次期1トン積みピックアップで、2002年から、欧米、アジア市場に投入する計画だ。

いすゞ、GMが共同開発した次世代のピックアップトラックは、GMといすゞが同じく共同生産するもので、ガソリンエンジン仕様、ディーゼルエンジン仕様があり、GM、いすゞでプラットホームや部品の共通化してコスト削減する。いすゞ、GMが両方のブランドで両社の工場で生産する予定だ。両ブランドで年産50万台規模のモデルでGMといすゞの協業としては最大の規模となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品