キャデラックから2シーターロードスター登場---『エボーク』が『XLR』に | レスポンス(Response.jp)

キャデラックから2シーターロードスター登場---『エボーク』が『XLR』に

自動車 ニューモデル 新型車

キャデラックから2シーターロードスター登場---『エボーク』が『XLR』に
  • キャデラックから2シーターロードスター登場---『エボーク』が『XLR』に
1999年のデトロイトオートショーでコンセプトカーとして発表されたキャデラック『エボーク』が、『XLR』の名前で2003年モデルイヤーから市販化されることになった。

ラグジュアリーロードスターとして、XLRにはリアホイールドライブシャシーのレイアウトとしてははじめて、4.6リットル「ノーススター」エンジンが搭載される。車体アーキテクチャーは、GMが次世代のコンバーチブルのために開発したパフォーマンスカー・アーキテクチャーを採用。特許を取得したこのボディ構造は、オープンエア2シーターにとって理想的なものなのだという。また自動収納式のハードトップはドイツのカートップ・システムズ社がデザインを担当。タイヤはミシュランのランフラットタイヤ。

ドラマチックなデザインとすぐれたパフォーマンスを誇るXLRは、大人のためのロードスターとして注目を集めそうだ。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品