『インプレッサ』グループN仕様が「インターナショナルラリーイン北海道2001」に参戦 | レスポンス(Response.jp)

『インプレッサ』グループN仕様が「インターナショナルラリーイン北海道2001」に参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

富士重工業株式会社とスバルテクニカインターナショナル株式会社は、9月15日(土)、16日(日)に北海道帯広市周辺で開催される国際格式ラリー、「インターナショナルラリーイン北海道2001」に、『インプレッサWRX-STiタイプRA』をベースとしたグループN仕様で参戦する。

同ラリーは、本年5月に日本国内ではじめて開催された国際格式「第19回スパイク・インターナショナル日本アルペンラリー」に続くFIA公認の国際ラリー。十勝インターナショナルスピードウェイや林道などを中心に、2レグ制で約620kmの総距離を走行する本格的なグラベルコースに14カ所のスペシャルステージが予定されている。

ドライバー/コ・ドライバーには、全日本ラリー選手権で現在ポイントランキング4位(第6戦終了時)の勝田範彦/高橋浩子組を起用。5月の「スパイク・インターナショナル日本アルペンラリー」で優勝した新井は、今回も出場を検討していたものの、WRCニュージランドラリーと日程的に近いため断念したとのこと。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品