【スバル『トラヴィック』】エアロパーツは用品部がデザイン | レスポンス(Response.jp)

【スバル『トラヴィック』】エアロパーツは用品部がデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル『トラヴィック』】エアロパーツは用品部がデザイン
  • 【スバル『トラヴィック』】エアロパーツは用品部がデザイン
スバルの部品用品本部・用品開発部・欧州開発グループの笠原久央主査によると、スバルで行った変更はフロントグリルとSパッケージに装着されるエアロパーツ、純正オプションのサイドバイザー、そしてLパッケージのホイールセンターキャップくらいだという。

このうち六連星のスバルマークをあしらったフロントグリルはデザイン部が担当。その他のパーツについては用品部が担当した。商品化までの時間がかかるデザイン部では発売スケジュールに間に合わないので、小回りの利く用品部が担当することになったのだそうだ。

エアロパーツでは「走りのスバル」のイメージを強調するために、スタイリングだけではなく、機能美を追求。本来の丸いイメージを大きく崩さずに、踏ん張ったカタチを表現したということだ。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品