【スバル『トラヴィック』】ベーシックカーなみの取り回し | レスポンス(Response.jp)

【スバル『トラヴィック』】ベーシックカーなみの取り回し

自動車 ニューモデル 新型車

スバル『トラヴィック』のボディサイズは全長4315mm×全幅1740mm×全高1630mm(ルーフレール装着時1670mm)。日本で価格、カテゴリー的にライバルとなるトヨタ『イプサム』、ホンダ『オデッセイ』などに比べ、全幅、全高はほぼ同じながら、全長は300mm以上も短いが、7名乗車はしっかりこなす。全長が短いだけに小回りはきき、最小回転半径はベーシックカーに近い5.3mとなっている。

全長は短いが、車内のスペースは余裕たっぷりだ。とくに室内高は1280mmもあり、卵型フォルムを持つミニバンの中ではトップクラスの数値だ。室内のシートアレンジメントも多彩。2列目シートは前後300mmのスライド幅を持ち、5名乗車時は3列目シートを床下に格納して2列目シートを下げ、リムジンのような居住空間を作り出せる。

カーゴスペースは3列目シート格納時が最大640リットル、さらに2列目シートをたたむと最大1705リットルを確保できる。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品