爆笑確実!? あの“車掌DJ”が今度はF1モナコに進出 | レスポンス(Response.jp)

爆笑確実!? あの“車掌DJ”が今度はF1モナコに進出

モータースポーツ/エンタメ 出版物

爆笑確実!? あの“車掌DJ”が今度はF1モナコに進出
  • 爆笑確実!? あの“車掌DJ”が今度はF1モナコに進出
Formura Man』 SUPER BELL"Z  
税抜き価格1223円 発売:東芝EMI 

東京を走る電車の車掌によるアナウンスをモノマネし、軽快な音楽に乗せた曲にしてしまった『MOTOR MAN』を発売したことで話題になった音楽グループ「SUPER BELL"Z(スーパーベルズ)」が、今度はF1の実況中継をモノマネした曲を制作、8月29日に発売する。

タイトルは『Formura Man』、曲中でいろいろな笑いを提供することを信条とするグループだけあって、ただ「F1中継をマネました」というだけではない。モナコ市街地コースを舞台にレースを繰り広げるのはキチキチなマシン=移動販売車たちなのだ。『焼きいも・ホンダ』、『無限・チリ紙交換』、『竿竹・ルノー』、『マクラーメン・メルセデス』、『おでん・BMW』など、ちょっと聞いただけでは「おいおい、なんだよそれ」と突っ込みを入れたくなるが、なかなかどうして曲になると違和感がないのには驚かされる。

どこかで聞いたことのあるような某テレビ局の実況、解説、ピットレポーターから、マシンのエキゾーストノートに至るまで、全てボーカル・野月貴弘単独による声帯模写で表現されているという。

発売まではまだ時間があるが、現在発売元の東芝EMIのWebサイトで曲の一部を試聴することができる。一部分を聞いて「これおもしろい」と思ったなら、全編確実。
《石田真一》

おすすめの商品