2003年には『フォーカス』、『ファミリア』、そして『S40』が兄弟に!! | レスポンス(Response.jp)

2003年には『フォーカス』、『ファミリア』、そして『S40』が兄弟に!!

モータースポーツ/エンタメ 出版物

フォードは2003年を目標にグループ企業であるマツダ、ボルボの3社で小型車の車台を共通化するという方針を示した。

これは1日付けの日本経済新聞が報じたもので、8月からマツダとアジア太平洋担当になるフォードのヘンリー・ウォレス副社長(元マツダ社長)が30日に明らかにした。車台共通化の対象となるのはフォード『フォーカス』、マツダ『ファミリア』、ボルボ『S40/V40』など。

車台の共同開発に合わせ、エンジンを含む幅広い部品の共通化も検討。生産拠点でも、マツダがフォードの欧州拠点を使うなど相互補完体制を目指すという。フォーカスとファミリアについては以前から車台共通化が検討されてきたという経緯があり、アジア向けフォーカスについては日本で生産されるというような計画もあったが、そこにボルボを加えた3車種共通化の話が出たのは今回が初めて。

ご存知のとおり、現在のS40は三菱『カリスマ』と基本設計を共通化しており、生産もオランダのネザーランズ・カー(ネッドカー)で並行して生産されている。三菱とボルボとの関係が切れたことで、ネザーランズ・カーからボルボ車の生産終了が噂されていたが、今回の車台共通化がそれを具体化したことにもなる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品