マツダ出資デザイン会社を挟んでフォードとGMが急接近!? | レスポンス(Response.jp)

マツダ出資デザイン会社を挟んでフォードとGMが急接近!?

自動車 ニューモデル 新型車

GM(ゼネラル・モーターズ)は17日、部品メーカーとの意見交換ために訪れた広島市で会見を行い、今年秋の東京モーターショーで出展するクルマの内外装デザインをマツダが出資するデザイン会社に委託するという方針を明らかにした。

今回、デザインを担当することになったのは、マツダが10%を出資しているデザイン総研広島。日本のデザイン会社として有名なGKグループの傘下でもあり、広島市民が日頃から利用している路面電車や新交通システムなどもここがデザインを手掛けている。

GMがデザインを依頼したのは、今年秋から生産を開始するシボレー『クルーズ』がベースとなったコンセプトカー。同社が日本の企業にデザインをアウトソーシングするのは今回が初めてとなる。

「デザイン力を総合的に評価して決定した」とGM側は話しているが、マツダの背後には常にフォードの姿が見え隠れしているわけで、それをわかっていて依頼したのか、それとも日本のGM系列企業ではデザインを任せられないと判断したのか。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品