ファルケン、間接部門をダンロップと統合---合併吸収への準備進む!? | レスポンス(Response.jp)

ファルケン、間接部門をダンロップと統合---合併吸収への準備進む!?

自動車 ビジネス 企業動向

『ダンロップ』ブランドのタイヤを販売する住友ゴム工業と、『ファルケン』ブランドのタイヤを販売するオーツタイヤは17日、共同で緊急経営改革案を発表した。来年3月を目標に両社の技術、工務、生産技術、物流、管理・企画の各部門の機能を統合するとしている。

両社は昨年秋に提携しているが、事実上は住友ゴム側がオーツを吸収するに近い形となっている。高級ブランドをダンロップで、廉価ブランドをファルケンとして販売してきたが、ファルケンの売上げが伸び悩んでおり、抜本的な対策が必要となった。

両社は来年3月までに技術、工務、生産技術、物流、管理・企画などの部門を統合していく。オーツの会社組織はそのまま残すが、統合される部門を中心に80規模の人員削減を行い、これに対処するという。

また、50歳以上の社員には早期退職制度も導入。役員報酬の10%カットも併せて導入する。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品