【上陸『Cクラス・ワゴン』】どれにしようかな……、お好みに合わせて | レスポンス(Response.jp)

【上陸『Cクラス・ワゴン』】どれにしようかな……、お好みに合わせて

自動車 ニューモデル 新型車

ダイムラー・クライスラー日本は26日、『Cクラス・スポーツクーペ』と同時に『Cクラス・ステーションワゴン』を日本市場で発売した。流麗なスタイリングと、幅広いニーズに答えるべく設定されたモデルバリーションが特徴。

日本に導入されたモデルは
C180ステーションワゴン(2.0リットル直4DOHC)
C200コンプレッサー・ステーションワゴン
(2.0リットル直4DOHCスーパーチャージャー付き)
C240ステーションワゴン(2.6リットルV6SOHC)
C240ステーションワゴン・スポーツライン
(2.6リットルV6SOHC)
C320ステーションワゴン(3.2リットルV6SOHC)
C320ステーションワゴン・スポーツライン
(3.2リットルV6SOHC)
の6車種。スポーツラインはサスペンション、ホイール、エアロパーツが専用になる。

価格はC180ステーションワゴンの415万円からC320ステーションワゴン・スポーツラインの685万円まで。C180で比べるとステーションワゴンはセダンより25万円プラス。目標販売台数は2001年末(暦年)までに2500台。店頭発表展示会はスポーツクーペとともに7月7日、8日を中心に開催される。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品