GMのミッドサイズ・ハイブリッドカー計画中止に | レスポンス(Response.jp)

GMのミッドサイズ・ハイブリッドカー計画中止に

自動車 ニューモデル 新型車

アメリカではハイブリッド(いわゆるライトクロンや、ワゴンとSUVの融合車種のクロスオーバーのこと)市場が過熱しているが、GMはミッドサイズ、ハイルーフの四輪駆動クロスオーバーワゴンの開発計画を中止するようだ。

GMではこの市場に参入するため、ビュイックから『シグニア』、ポンティアックから『バナー』というクロスオーバーワゴンを販売する計画がある、とかねてから発表していた。ところが複数の関係者の証言により、この計画が白紙撤回される可能性が高いことがあきらかになった。

この理由として、アメリカの市場で求められているのはより大型のSUVタイプクロスオーバーであり、ミッドサイズの需要が低いことが挙げられている。GMでは『ラクロス』コンセプトをベースにより大型のビュイック・セダンを、また『ベンガル』コンセプトのコンバーチブルバージョンを、今後ハイブリッド仕様で検討するという。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品