【新型トヨタ『スパシオ』】カローラとしてのアイデンティティ | レスポンス(Response.jp)

【新型トヨタ『スパシオ』】カローラとしてのアイデンティティ

自動車 ニューモデル 新型車

新型『スパシオ』のインテリアデザインは関東自動車工業のオリジナル。関東自工のデザイン部、植田豊主担当員は小物入れを多くすると安っぽくなりがちなところをシックで上質に見せるために苦労したという。『ヴィッツ』譲りのセンターコンソール両脇の物入れは「安っぽいという危惧もあったが、他所に真似されるよりはむしろウチのアイデンティティに」と採用された。

そのセンターポケットなど、ヴィッツや『ファンカーゴ』との共通点も多いインテリアだが、センタメーターは検討はしたというものの採用されてはいない。インパネシフトなどスパシオ独自のアイデアもあるが、ダッシュボード形状はフロントマスクなどと共にカローラ・ファミリーとしてのアイデンティティを重視したカタチなのだという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品