日産、系列部品メーカーの株をルノー系サプライヤーに売却 | レスポンス(Response.jp)

日産、系列部品メーカーの株をルノー系サプライヤーに売却

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は10日、系列部品メーカー、テネックスの一部の株式をルノー系サプライヤーであるドイツの部品メーカーに譲渡すると発表した。

テネックス(旧土屋製作所)はエアクリーナーやオイルフィルターなどエンジン周辺部品を生産する部品メーカーで日産はこの会社の全発行株式の56.7%を保有している。今回、このうちの33.3%をマーレ・フィルターシステム社に売却することにした。売却日は20日。これによりマーレ・フィルター社がテネックスの筆頭株主となる。

マーレ・フィルター社の親会社はエンジン部品を生産するルノー系サプライヤーであるマーレ社。今回の株式譲渡により日産とルノーはエンジン周辺部品分野で協力しグローバルな調達体制を整える。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品