【リコール】油を撒き散らしてスバル『レガシィ』、17万台の大量不具合 | レスポンス(Response.jp)

【リコール】油を撒き散らしてスバル『レガシィ』、17万台の大量不具合

自動車 社会 行政

【リコール】油を撒き散らしてスバル『レガシィ』、17万台の大量不具合
  • 【リコール】油を撒き散らしてスバル『レガシィ』、17万台の大量不具合
富士重工業は『レガシィ』の燃料蒸発ガス抑止装置(キャニスター)に不具合があったとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは1998年5月15日から1999年12月14日までに生産した17万3025台。

対象のクルマでは燃料蒸発ガス抑制装置(キャニスター)の大気開放口が製造時に開放されていないものがあるため、そのままの状態で使用を続けると、燃料タンク内の圧力変動により、当該燃料タンク上部に亀裂が発生し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

不具合件数は2件で、発見は販売会社からの情報による。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品