小ランボが救世主となるか〜ランボルギーニが全力で開発中 | レスポンス(Response.jp)

小ランボが救世主となるか〜ランボルギーニが全力で開発中

自動車 ニューモデル 新型車

アウディのペフゲン社長はドイツで会見し「2003〜2004年をメドに開発中のランボルギーニ社製小型車のエンジンやトランスミッションをランボルギーニ内製でまかなう」と述べた。

VWグループは98年にランボルギーニを買収、アウディ傘下に収めた。昨年は世界で296台を販売したが、依然として赤字が続いている。VWは“小ランボ”の投入で販売台数を一気に倍以上に増やし、2004年以降の黒字転換を目指す。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品