日産とルノーが共同で「部品の値切り」会社設立だって? | レスポンス(Response.jp)

日産とルノーが共同で「部品の値切り」会社設立だって?

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車とルノーは、部品・資材を共同購入するための新会社「ルノー・日産共同購買会社(仮称)」を4月にパリに設立すると発表した。

部品・資材の購買戦略は、クルマの原価低減の大きな柱。購入量を増やせば当然、割安になる。日産とルノーが設立する新会社は、ガラスやタイヤ、エンジン制御システム、エアバッグなど少数の大手サプライヤーによる独占状態にある品目。これら17品目を対象に共同購買戦略を練っていく。

新会社は、日産とルノーが共同開発するCプラットホーム(『ブルーバードシルフィ』後継、『メガーヌ』後継)以降に、成果を反映させていくもので、従来の単独購買に比べて5%の原価低減を上積みするという。

日産は1999年に策定した再建計画「日産リバイバルプラン(NRP)」の中で購買コストを2002年度末までに30%削減する計画を進めている。ルノーとの共同購買に新たに取り組むことで、この目標の早期達成をめざすという。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品