【待ってました! ホンダ『シビック・タイプR』】構えのいいヤツ | レスポンス(Response.jp)

【待ってました! ホンダ『シビック・タイプR』】構えのいいヤツ

自動車 ニューモデル 新型車

新型『シビック・タイプR』の駆動力は6速マニュアル・トランスミッションを介して路面へと伝えられる。ホンダによれば急加速の際に回転数がパワーバンドの中にとどまるようにギア比が設定されているという。

第6速は1000prmで32km/hとなり、これは120km/hの高速走行がストレスの少ない3100rpmで可能なことを意味する。駆動は前輪、エンジンの出力増強にともなってハーフシャフトの設計が変更されている。

パワー/ウェイト・レシオは164PS/トン、0-100km/h加速は6.8秒、最高速度は234km/hとホンダではいっている。燃費はECの複合モードで8.6リットル/100km=11.6km/リットル(日本の10・15モード値とは若干異なる)と、こちらも競争力がある。

パフォーマンス強化に合わせて変わったのは外観だけでなく、スチールボディにも手が入っている。エンジンベイ後方にはアルミストラットが追加されており、水平方向の剛性が17%向上された。リアサス・タワーの間にもビームが追加され、こちらは垂直方向の剛性を23%向上させるのに貢献しているという。

さらに前のマクファーソン、後ろのダブル・ウィッシュボーンというサスペンションも改良されている。スプリングとダンパーが固くなり、ロールバーは太くなり、ブッシュ類は専用設計だ。これらの機能はドイツのニュルブルクリンクと、日本のもてぎ、両サーキットで熟成された。サスペンションの変更によりタイプRの車高は標準の新型3ドアより15mm低くなっている。太めのタイヤとも相まって新型タイプRはなかなかいい“スタンス”をしている。

走るのと同じように止まることも大切だ。新型シビック・タイプRのフロント・ディスクブレーキはディスク径が大きくなっている。3チャンネルABS、ブレーキ力配分、ブレーキアシストといった電子制御システムのバックアップも用意される。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品