「ワンプライス販売」の新車を買うなら2〜3月、 の根拠 | レスポンス(Response.jp)

「ワンプライス販売」の新車を買うなら2〜3月、 の根拠

自動車 社会 社会

「ワンプライス販売」の新車を買うなら2〜3月、 の根拠
  • 「ワンプライス販売」の新車を買うなら2〜3月、 の根拠
  • 「ワンプライス販売」の新車を買うなら2〜3月、 の根拠
トヨタ、日産、ホンダ、三菱、マツダがニューモデルを中心に実施しているワンプライス販売はこの2〜3月の増販キャンペーンで総崩れになる可能性が強まっている。

この時期はどこの系列店でも新車の販売目標を設定し、それを達成させるため様々の催し物を行う。各セールスマンにはノルマが与えられそれをクリアしようと必死になる。したがってワンプライス販売をキープしていたのではノルマがこなせない危機感を持つから、制度を崩して売ることになる。

2月中旬現在の例では、その以前まで5万円引きのワンプライス販売を維持していた各車が軒並み10〜15万円まで値引きを拡大、中には『トリビュート』、『シビック』など20万円の大台突破も発生している。

ワンプライス・モデルで値引きが発生しつつあるモデルは以下の通り。

トヨタ:ヴィッツ、ファンカーゴ、bB、カローラ・ランクス/アレックス、マークII、日産:シーマ、プリメーラ、エクストレイル、ホンダ:ストリーム、シビック、三菱:ディオン、ランサー・セディア・ワゴン
《》

関連ニュース

特集

おすすめの商品