【株価】三菱とホンダ、新車販売が2ケタ増でも無視される | レスポンス(Response.jp)

【株価】三菱とホンダ、新車販売が2ケタ増でも無視される

自動車 ビジネス 株価

全体相場が続落したことで。自動車株もさえない動き。1月の米国新車販売台数が明らかになったが、市場ではまったく無視された。三菱自動車工業とホンダが、前年同月比で15.2%、11.1%とともに2ケタの伸び。しかし株価は、三菱自が前日比5円安の380円と小幅続落し、ホンダも同40円安の4520円と反落した。

11.4%と大幅にダウンしたトヨタ自動車も、前日比90円安の3940円と反落。日産自動車は、この日も出来高が市場トップ。依然活況な商いが続いており、一時13円高まで買われたが、引け値は前日比5円安の705円。持ち合い解消と新車効果による好業績期待で、売り買いが交錯する展開が続いている。

自動車株で値を上げたのは、日野自動車工業(前日比10円高)とスズキ(同1円高)の2社だけだった。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品