クライスラー大幅人員カット---けっこう状況はシビアだ | レスポンス(Response.jp)

クライスラー大幅人員カット---けっこう状況はシビアだ

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラー・クライスラーでは特に業績不振のクライスラー部門を中心に、2万6000人もの大幅人員削減を行う、と発表した。同時に13の工場が大幅縮小あるいは閉鎖となる。

クライスラー部門社長のディーター・ツェッチェによると、クライスラーでは今年中にこの削減の75%を実施、3年以内に完結させる予定だと言う。クライスラーのリストラ策は2月下旬に明らかにされるが、ダイムラー・クライスラーでは人員削減についてのみ時期を早めて発表。これは経済アナリストなどがより非観的な見通しを発表して株価などにこれ以上の影響が出るのを恐れたため。

アメリカ国内では今年中に6つの工場の閉鎖が確定的だが、早期退職手当てなどを支給できるのはそのうちの1つ、とクライスラーの経営の苦しさが伝わってくる。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品