GMトラックに強制リコ-ル命令 | レスポンス(Response.jp)

GMトラックに強制リコ-ル命令

自動車 社会 行政

GMトラックに強制リコ-ル命令
  • GMトラックに強制リコ-ル命令
NHTSAでは140万台近くのGM製ライトトラックとSUVのブレーキの欠陥を指摘、リコール命令に踏み切った。NHTSAによると、今回のリコールはブレーキラインの設計の構造的な欠陥によるもの。現在事故例が報告されているわけではないが、将来的に問題が起こりうる、と判断して今回の措置を行った。

リコールの対象となるのは2000年モデルのシボレー『タホ』、GMC『ユーコン』、『ユーコンXL』、1999年と2000年モデルのシボレー『シルバラード』、GMC『シエラ』など、GMが誇る大型車のラインアップ。

GMではすでに自主回収を始めていた、というが自主的リコールとNHTSAによる強制リコールでは世間の評判が違う。GMの技術陣は苦しい言い訳を迫られそう。
《Sachiko Hijikata, US editor》

関連ニュース

特集

おすすめの商品