【トヨタ『ランクス/アレックス』】派生モデルではないんです | レスポンス(Response.jp)

【トヨタ『ランクス/アレックス』】派生モデルではないんです

自動車 ニューモデル 新型車

『ランクス/アレックス』の価格は、最も安い 1.5リッターの「X/XS150」で139万8000円〜となっている。これまでの例では、ハッチバックといえば、同系列のセダンより安い価格設定になっていることが多かったが、『ランクス/アレックス』の場合はそうではない。同排気量、同装備のセダンやワゴンと、ほぼ変わらない価格設定になっているのだ。これはなぜか?

「何度もいいますが、『ランクス/アレックス』はあくまで独立して作られた5ドア・ハッチバックであって、セダンから適当に派生させたモデルではないからなんです」と吉田健・チーフエンジニアは説明する。

つまりこの価格設定は、『ランクス/アレックス』を、「ハッチバック=安いクルマ」という従来のイメージのクルマとしてではなく、『ゴルフ』や『アストラ』にも匹敵する基本性能や高い品質を持ち、なおかつ新時代にふさわしいパッケージやスタイリングを備えた「プレミアム・ハッチバック」としてアピールしたい、ということなのだろう。

「それに、リアハッチを作るのにもけっこうお金がかかるんですよ(笑)。とくにCピラーを中心とするリア回りの剛性確保にね」と吉田チーフエンジニア。値段が安くないのには、それなりのわけがあるようだ。とはいっても、数年たつと「お買い得グレード」が追加されたりするものだけど……。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品