【先取り情報!!】メルセデス『Aクラス』にボディ・バリエーション追加 | レスポンス(Response.jp)

【先取り情報!!】メルセデス『Aクラス』にボディ・バリエーション追加

自動車 ニューモデル 新型車

根強い人気の『Aクラス』にさらに磨きをかけようと、メルセデスベンツはそのスタイル、インテリア、安全機能、ディーゼルエンジンのラインナップなど、あらゆる面にモデルチェンジを施した。アウディ『A2』やBMW『3シリーズ・コンパクト』には負けられない。

フェイスリフトを済ませた姿が、2月下旬に開催されるジュネーブ・モーターショーで発表されるが、大きなニュースはロングホイールベース仕様の追加設定だ。ロングホイールベース仕様はBピラーの後ろが17cmほど長く、後席のスペースにゆとりを与えている。新型の価格は公表されていないが、日本での販売は6月から始められる予定である。

大きくなったバンパーには取り外し可能な黒いラバープロテクションストリップが付き、そのボディ・サイズは従来より31mm長い3606mm。安っぽいと評判の悪かったインテリアにもデザイナーは力を入れた。新しい3本スポークハンドル、コンソールのスイッチパネルは『Mクラス』と同様のデザイン、そしてドアのクロスも新しいものに替えられた。内装はウッドとアルミから好みの方を選べる。

数多くのオプションのうちいくつか例を挙げると---ウィンドウエアバッグ、“デューポイントセンサー”と呼ばれる湿度計や雨センサー、フロントガラスウォッシャーの温水システム等など。 エンジンに関しては、2種類の1.6リットル4気筒コモンレール・ターボディーゼルをそれぞれパワーアップさせ75PSと95PSにした。燃費が変わっていないのは特筆できる。1.4リットル(82PS)、1.6リットル(102PS)、1.9リットル(125PS)4気筒ガソリンエンジンは新たな排ガス基準に対応した他は、変わっていない。

ブレーキアシスト機能を備えたスタンダードESPスタビリティ・コントロールシステムなども、今回のモデルチェンジで加えられた。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品