【スズキの秘密兵器『エリオ』】コンセプトとはパッケージ・デザインのこと | レスポンス(Response.jp)

【スズキの秘密兵器『エリオ』】コンセプトとはパッケージ・デザインのこと

自動車 ニューモデル 新型車

「『エリオ』が『カルタス』の後継なのか、あるいは追加車種なのか、言い切ることは難しい」とスズキの四輪デザイングループ長(一般の部長に相当)の吉村等氏はいう。考え方としては新世代の乗用車として最適なデザインを求めたという。

そしてセダンとしてどこまでトールボーイ・パッケージが可能か挑戦した。ミニバンでもなくSUVでもない、セダンとして、である。結局、全高は多くのタワーパーキングで上限とされる1550mmとなった。

クルマの全高が高いと走行安定性は悪くなるが、その一方で居住空間が広くなり、乗員が上体を直立気味に座るので車両全長はコンパクトになる。トールボーイが空間効率に優れたパッケージングといわれるのはこのためである。

エリオの開発が始まったのはトヨタの『ラウム』や『スパシオ』より前、初代『ワゴンR』が発表された後だった。「ワゴンRの成功で、クルマの基本コンセプトはパッケージングにあることがわかった」と吉村氏は明かす。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品