【ランドローバー『フリーランダー』が来た!】いたれりつくせりのメカニズム | レスポンス(Response.jp)

【ランドローバー『フリーランダー』が来た!】いたれりつくせりのメカニズム

自動車 ニューモデル 新型車

『フリーランダー』のワールドデビューは1997年。それが、なぜ日本導入が2001年からと遅れたかというと、主にパワーユニットに問題があったからだ。

従来のフリーランダーに用意されていたパワーユニットは、1.8リットル直4DOHCガソリンと2.0リットルのターボディーゼルのみ。トランスミッションも5MTしか用意されていなかったのだ。そこで、より多くのパワーとATが要求される、北米や日本、中東などの市場への参入のために、今回採用された2.5リットルV6ODOHCエンジンと5ATが開発されたのである。

KV6型と呼ばれる2.5リットルV6は、もともとローバー『75』用に開発されたものだ。177psの最高出力と24.5kgmの最大トルクも75と数値は同じだが、最高出力の発生回転数は若干下げられている。

JATCO製の5段ATも、新開発というものの基本的には75用をベースとしていると思われる。ギア比なども最終減速比を除きほぼ同一だ。ただ、フリーランダーでは新たに、マニュアルモードで操作できる「ステップトロニック」システムが採用されている。これはコンパクト4X4クラスでは初の装備。

また、4X4という走行条件に合わせて、オフロードやアップダウンのある地形での走行や、牽引をする場合などに備えて、シフトプログラムも独自のものに変更されている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品