【ランドローバー『フリーランダー』が来た!】ライバルからブランド差異化したい | レスポンス(Response.jp)

【ランドローバー『フリーランダー』が来た!】ライバルからブランド差異化したい

自動車 ニューモデル 新型車

ランドローバー・ジャパンでは、『フリーランダー』を「プレミアム・コンパクト4X4」と性格づけている。つまり、同じフォード系列の『エスケープ』『トリビュート』や、トヨタ『RAV4』、ホンダ『CR-V』などに対し、ランドローバー・ブランドならではの歴史や伝統、それに高級感で差別化しようというわけだ。

とはいうものの、日本での価格は295万〜335万円と、排気量や装備を考えれば比較的リーズナブル。これは、『フリーランダー』がランドローバー車のボトム・レインジを担い、若手ユーザーの新規獲得を狙っているための設定だ。現に『フリーランダー』は97年の発売以来、ヨーロッパでは同クラスのベストセラーとなり、その後3年間で、ランドローバー社の売却騒ぎなどのネガティブ要素があったにも関わらず、ランドローバー社の売り上げを28%増大させることに貢献したという。

日本でのターゲット・ユーザーも、20代後半〜40代と、若い層を想定している。こうした年齢層にクルマを買いやすくするために、同社では5年後の残価設定ローン「フリーダム・ローン」も設定している。

なお、ランドローバー・ジャパンのクリストファー・K. エリス社長によれば、2000年度の同社のランドローバー車の販売台数は1200台に過ぎず、赤字となったが、2001年度は『フリーランダー』の導入で年間最低4500台を販売目標とし、年内に黒字転換を目指す。さらに2005年には、「少なく見積もっても年間1万台は販売したい」と、その意気を明らかにした。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品