【名門の味『VM180ザガート』】カロッツェリアはCADエキスパート | レスポンス(Response.jp)

【名門の味『VM180ザガート』】カロッツェリアはCADエキスパート

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタモデリスタインターナショナルは10日、新型車『VM180ザガート』を発売した。トヨタ『MR-S』をベースに、イタリアの名門カロッツェリア、ザガートがエクステリア・デザインを手がけたモデルだ。限定100台が販売され、価格は398〜450万円となる。

『VM180ザガート』は、モデリスタとトヨタ・ビスタ系列とのタイアップによるオリジナルカーとして第3弾となるモデルだ。ビスタ系のウェブサイトにある「サイバーガレージ」と呼ばれるコンテンツで、2000年夏頃からデザイン案を公開し、ユーザーの声を取り入れて開発されたという。

いかもにザガートらしい、アバンギャルドでアグレッシブなデザインを手がけたのはザガート(SZデザイン社)のチーフデザイナー、原田則彦氏。CADやインターネットを活用してモデリスタ側と連携することで、約半年という短期間での開発を可能にしたという。

ボディ外板は、Aピラーとガラス、ドアミラーを除いて、すべて新設計されたという。素材としてはFRPが用いられた。ボディサイズや重量は現時点では公開されていないが、『MR-S』よりもやや大きく、やや重くなっているという。

エンジンは給排気系に軽いチューンを施し、マフラーを変更することで、最高出力が『MR-S』の145psに対して15ps向上しており、トルクも全域で増えているという。またオプションでスポーツ・サスペンションも設定されている。エンジンや足回りの開発、および生産はトヨタ・テクノクラフトが担当している。

価格は5MTの標準仕様が398万円、これに革張りシートなどを与えたラグジュアリー仕様が442万5000円。また5速シーケンシャル仕様も用意されており、標準仕様が405万5000円、ラグジュアリー仕様が450万円だ。ボディカラーはシルバーとレッドの2色。1月10日より全国のビスタ店およびモデリスタで発売し、限定100台の生産となる。なお実際の生産は2月中旬から行われる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品