4シーターオープン市場に嵐の予感---オペル『アストラ・カブリオ』 | レスポンス(Response.jp)

4シーターオープン市場に嵐の予感---オペル『アストラ・カブリオ』

自動車 ニューモデル 新型車

オペル『アストラ・カブリオ』の最初の公式写真をお見せする。国際デビューは2月末から始まるジュネーブ・モーターショーの予定だ。ヨーロッパで左ハンドル仕様が4月から発売される見込みだが、オペル関係者は日本市場導入については口が固い。生産台数が少ないことから、今年中は無理かも知れない。

すでにヨーロッパで販売されている『アストラ・クーペ』をベースにしたカブリオは、BMW『3シリーズ・カブリオ』やサーブ『9-3カブリオ』など、標準仕様の装備が充実した高級4シーター・オープンへの、安価な対抗馬となりうる。

アストラ・カブリオにはモデル導入時にエンジン3仕様が設定される。ベーシックグレードから1.6リットル(100PS)、1.8リットル(125PS)、2.2リットル(147PS)。147PSエンジンはロータスで作られる『スピードスター』と同じものだ。

さらに2.2リットル・ターボユニット(190PS)も試運転中だが、生産の承認がまだ出されていないという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品