F1ミシュラン組はウェット&ウェット……ものには限度が | レスポンス(Response.jp)

F1ミシュラン組はウェット&ウェット……ものには限度が

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

最初からウェットタイヤのテストを行う予定だったF1ミシュラン組。19日午前中はトラックがドライだっため、タンク車で人工的にウェット状態をつくり出してテストをスタートさせた。

しかし昼頃からあまりにも激しい雨が降り出しため、テストは一時中断し、3時頃にまた再開するといった具合だった。

トップタイムを出したのはウィリアムズのラルフ・シューマッハ(ウイリアムズ)だが、周回数はわずか12。前回のテストを途中で切り上げる原因になったカゼがまたぶり返してきたのだ。本人いわく治りきる前にエストリルに到着したが、寒さとカゼのために悪化したそうで、最終日を待たずに帰国することとなった。

順位ドライバー/チームタイム※周回
1R. シューマッハ/
ウイリアムズ
1'31''0912
2モントーヤ/
ウイリアムズ
1'31''9035
3バトン/ベネトン1'31''9736
4アーバイン/ジャガー1'32''1129
5バルティ/ジャガー1'32''5320
6ジェネ/ウイリアムズ1'33''0528

※合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品