【ホンダF1 ストーキング】今年最後のテスト、最初はパニス! | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1 ストーキング】今年最後のテスト、最初はパニス!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2000年最後の合同テストが開幕し、ブリヂストン契約勢は6チーム、13ドライバーがバルセロナ近郊のカタロニアサーキットに集まった。

気温17度の中、テストが行われ、結果、マクラーレンのデイビッド・クルサードを僅差で抑え、BARホンダのオリビエ・パニスがトップタイムを出した。また、BARホンダは今年いっぱいオフをとっているジャック・ビルヌーブを除く布陣ながらも、佐藤琢磨を含む4ドライバーが参加していた。

ジョーダン・ホンダはマレーシアGP以来となる両ドライバーの揃い踏み。フェラーリのルカ・バドエルはテスト終了後フィオラノへ飛んで帰り、翌日からの別のテストに備えた。テストは3日間行われ、2日目からはバドエルと入れ違いにルーベンス・バリケロが参加することになっている。

順位ドライバー/チームタイム※周回
1パニス/BARホンダ1'20''60080
2クルサード/マクラーレン1'20''66064
3バドエル/フェラーリ1'21''01079
4ハイドフェルト/ザウバー1'21''15056
5デ・ラ・ロサ/アロウズ1'21''27067
6トゥルーリ/ジョーダン・ホンダ1'21''28080
7フレンツェン/ジョーダン・ホンダ1'21''35060
8ブルツ/マクラーレン1'21''75054
9ライコネン/ザウバー1'22''23052
10マニング/BARホンダ1'23''34014
11ピッツォニア/アロウズ1'24''35012
12佐藤琢磨/BARホンダ1'24''48025
13ハインズ/BARホンダ1'25''26028

※合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品