クライスラー、大量レイオフで新型ジープに赤信号 | レスポンス(Response.jp)

クライスラー、大量レイオフで新型ジープに赤信号

自動車 ビジネス 企業動向

経営危機が伝えられるダイムラー・クライスラーのクライスラー部門で、大量のレイオフが行われる予定だ。今週発表された今後の生産予定では、クライスラーのドル箱のはずのミニバンが18%もの生産カット。

この決定がなされた裏には、ディーラーに残る大量の在庫、販売の衰えなどがある。ミニバンはこの秋に新型モデルが投入されたばかりなのに、販売でこれだけの惨敗をきっした、というのはミニバンを看板とするクライスラーにとっては大きなショックとなった。

またクライスラーでは同時にウィスコンシン州のエンジン工場で800人もの労働者を一時解雇。この一時解雇は3週間にわたって続くが、そのうち1週間は全従業員1500人が一時解雇となる。

この工場ではジープの4シリンダー、6シリンダーエンジン、クライスラーV6エンジンを生産しており、こんな状態では来年発売予定の新型ジープの生産スケジュールにも響きそう。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品