アメリカの景気は良くない? ビックスリー相次いでレイオフ | レスポンス(Response.jp)

アメリカの景気は良くない? ビックスリー相次いでレイオフ

自動車 社会 社会

アメリカの景気は良くない? ビックスリー相次いでレイオフ
  • アメリカの景気は良くない? ビックスリー相次いでレイオフ
GM、フォード、それにダイムラー・クライスラーの3社が、20日から3日間の予定で在庫調整のためのレイオフを行うことになった。3社合計の対象人員は1万5300人規模で、ここ10年来で最大規模のものとなる。

アメリカはこれまで好景気が長く続き、新車販売などが好調なことから工場もフル稼働状態で操業を続けてきた。しかし、ここにきて景気が悪化。株式市場での株価減速感などの影響もあり、10月になってからは新車販売が悪化傾向を見せていた。このため3社は在庫を適正数に戻すための生産調整を行うこととなり、今回のレイオフ実施に踏み切った。

レイオフされる人数は、GMが1万人と最も多く、次いでダイクラの3300人、フォードの2000人となる。期間は3日間だが、直後に感謝祭の2日分と、土日を挟むことになるため、実際には1週間の操業停止となる。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品