【解説-新世代『ミニ』】ハイテク素材でレトロ演出 | レスポンス(Response.jp)

【解説-新世代『ミニ』】ハイテク素材でレトロ演出

自動車 ニューモデル 新型車

新型ミニ『クーパー』のレトロテーマは、室内のスタイリングでも同じだ。オリジナル『ミニ』の室内レイアウトが、高品質プラスティックとブラシ地仕上げのアルミニウムという素材によって再解釈されている。

ダッシュボードの左右中央に構えた速度計やシンプルなトグルスイッチは、過去との明確なつながりを見せる。しかしマルチファンクション・ステアリングホイール、空調、電動ウィンドウ、CDプレイヤー付きサウンドシステムなどは現代の要素である。さらにオプションのカーナビは高級感ただようデザインだ。

窮屈だった初代ミニのドライビング・ポジションがスポーティなポジションに変わったことは歓迎。外寸からすれば室内空間は非常に広いといえる。新型の全長は3500mm、初代より400mmも大きくなった。それでも現代ユーロピアン・スモールカーの中では、まだまだ小さい方だ。

> 次回へつづく
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品