BARホンダF1マシンの通信速度は4800bpsという遅さ!! | レスポンス(Response.jp)

BARホンダF1マシンの通信速度は4800bpsという遅さ!!

モータースポーツ/エンタメ 出版物

BARホンダF1マシンの通信速度は4800bpsという遅さ!!
  • BARホンダF1マシンの通信速度は4800bpsという遅さ!!
『デジタルバイヤー』2001年1月号 (11月24日発売)
税込み価格580円 発行:アスキー

今月創刊のインターネットと雑誌を連動するパソコン関連製品ガイドマガジン『デジタルバイヤー』では、BARホンダのF1マシンに搭載されたコンピューターシステムを詳しく解説する。

ホンダのF1マシンには、車高や水温・油温を制御するユニット、速度を計測し制御するシステム、アクセル角度制御システムなどからの情報をEFI(燃料噴射制御)部とデータターミナル部に送るなど、車内にLAN構築がなされているのだという。

そういったマシンからピットへの情報は32kbpsの速度で送られてくる。これでも現代のパソコンを考えると遅いと感じてしまうが、ピットからマシンへのデータ通信はさらに遅い4800bpsなのだというからビックリだ。

これには電波がマシンで捉えづらいということ、ドライバーにはおかしなデータを前後で比較する余裕はない、ということから速さよりも正確さを重視した結果なのだという。
《》

おすすめの商品