2000年東京ショー、このレポートはちょっとアセリすぎでは? | レスポンス(Response.jp)

2000年東京ショー、このレポートはちょっとアセリすぎでは?

モータースポーツ/エンタメ 出版物

2000年東京ショー、このレポートはちょっとアセリすぎでは?
  • 2000年東京ショー、このレポートはちょっとアセリすぎでは?
『週刊宝島』11月29日号 
税込み価格350円 発行:宝島社

多くの週刊誌が今週、第34回東京モーターショーを伝える記事を掲載するが、やはり商用車ショーということで気合いが入らなかったのか? 特に『週刊宝島』の記事はこれはないんじゃないっていうカンジ。

良くないと思うのは写真である。まず先日発表された日産『エクストレイル』をフロントから撮影した写真は、フロントマスクが半分ほど写真からはみ出していて途中で切れている。まるで電柱にでもぶつかったかのようだ。

今回の目玉の一つであったトヨタ『クルーガーV』もフロントマスクは写っているものの、フロントドアまでしかフレームに入っておらず、後ろ半分がどうなっているのか全く分からないのでクルマ全体が見えない。記事に「今回注目の的が…」とあるのにこれじゃ何も分からない。

もっとひどいのがスズキ『Pu3-commuter』だ。天井が写したかったのかと思うほど写真トリミングが上にずれている。クルマの下側が変に切れているので、見ていてとても不安になる写真だ。

スズキの『グランビターラ・ピックアップ』の写真は『エスクードXL』だし、なんかもうボロボロ。急いで作ったのかどうかはわからないが今回の商用車ショーには取材陣も力が入らなかったということか?
《》

おすすめの商品