「リコール命令を出すのは裁判所ではない」とフォードが反発 | レスポンス(Response.jp)

「リコール命令を出すのは裁判所ではない」とフォードが反発

モータースポーツ/エンタメ 出版物

アメリカCNNの報道によると、フォードを相手取り、カルフォルニア州に在住するフォード車のユーザー350万人が起こしていた集団訴訟で、同州のアラメーダ郡地裁は11日、フォードに乗用車及びトラック170万台をリコールを行うよう、命じる判決を下した。

判決でリコール対象とされたのは、フォードが1983年から1995年の間に製造した300車種のうち、カルフォルニア州内で販売された170万台。これらのクルマはエンジン点火装置がエンジン本体近くに設置されたため熱が高まりやすく、エンストを起こしやすかったという。判決の中で、バラチェイ裁判長はは「フォードは少なくとも1982年からエンストの可能性が高いことを知りながら危険な状態を隠していた」と指摘。回収の必要性があることを示唆した。

フォードは「エンストが死傷事故につながったとする資料は提出されておらず、裁判記録は安全に問題があったことを示していない。証拠はリコールは正当化できるものではない」と反発したが敗訴。判決を受けて「リコール命令を出せるのは運輸省の道路交通安全局(NHTSA)のみで、地裁の判事がそれを命じる資格はない」と反論、控訴の準備を進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品