ついに出たあ!! V12スーパーカー、アストンマーチン『バンキッシュ』 | レスポンス(Response.jp)

ついに出たあ!! V12スーパーカー、アストンマーチン『バンキッシュ』

自動車 ニューモデル 新型車

アストンマーチンは11日、V12エンジン搭載の2+2シーター・スーパーカー、『V12バンキッシュ』(頭にV12を付けたのが車名だ)を発表した。アストンマーチン最強のクルマであり、最高の技術であり、最大の投資でもある(それにしてもパリ・サロンは嫌われたものだ)。

6.0リットルV12エンジンは新開発、450PSのパワーで0-60マイル/h(96km/h)加速が4.5秒以下、0-100マイル/h(160km/h)加速が10秒以下。スロットルはドライブbyワイヤ、つまりペダルとエンジンとの間は電気信号で接続されるシステム、またトランスミッションはF1スタイルのパトルスイッチで、250ミリセカンドでギアチェンジを行なう。

発売は来年の第2四半期(4〜6月)、年産300台の計画で、70%以上がイギリス国外で販売される見込み。V12バンキッシュは現行V8バンテージを置き換えることになる。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品