徳大寺先生! 今度の『カローラ』は?……「う〜む」 | レスポンス(Response.jp)

徳大寺先生! 今度の『カローラ』は?……「う〜む」

モータースポーツ/エンタメ 出版物

徳大寺先生! 今度の『カローラ』は?……「う〜む」
  • 徳大寺先生! 今度の『カローラ』は?……「う〜む」
『週刊宝石』10月19日号 税込み価格320円 発行:光文社

今週号から徳大寺有恒氏のニューモデルをバシバシ斬っていく新連載『21世紀クルマイズム』がスタートした。第1回は新型『カローラ』を取り上げる。

新型カローラについて徳大寺氏は「これほどのクルマなら“お父さんに乗ってもらいたいな”とも思う」とコメントするが、「よくできたカローラ」にも足りないものがあるという。それは「オーソドックスすぎてプレゼンスがない」ということだという。

「2、3年たてば日本中どこでもありふれたクルマになる」と語り、「カローラの無名性がいいという人にはいいが、もう少しアピールしたいという人には満足できないのでは」と分析する。

この他、トヨタのカローラにおける戦略をいつもの“徳大寺節”で分析する。
《》

おすすめの商品