石油連盟の悲鳴「アルコール燃料課税を高くしてくれ!!」 | レスポンス(Response.jp)

石油連盟の悲鳴「アルコール燃料課税を高くしてくれ!!」

自動車 社会 社会

石油連盟の悲鳴「アルコール燃料課税を高くしてくれ!!」
  • 石油連盟の悲鳴「アルコール燃料課税を高くしてくれ!!」
石油連盟は、ガイアックスが販売するアルコール系燃料に課税することを要望していく方針を決めた。原油が高騰しており、これまで値上げの半分以上をガソリンスタンドが負担していたが、それにも限界が近付いている。ガソリンを値上げすればアルコール燃料との価格格差が広がり、石油連盟では客がそっちに流れるのを警戒して課税による値上げを要望したもの。

ガイアックスではアルコールを成分調整して既存のガソリン車に使えるようにしており、原料アルコールはシンガポールから輸入している。既存のガソリンよりも市販価格が安くそれによって売り上げを伸ばしており、ガイアックスの店舗数も120店と拡大している。

ガソリンには1リットル当たり54円程度の揮発油税がかかっているが、アルコール燃料は約1リットル当たり32円の軽油引取税だけが課せられおり、この差がそのまま価格差となって現れている。石油連盟ではアルコール燃料の軽油引取税もガソリンの揮発油税並みに課税を引き上げるよう求めていく。

一方、石油連盟の岡部会長は原油価格の高騰を価格に転嫁し、10月からガソリン1リットル当たり3円、灯油1リットル当たり8円を値上げするとの見通しを発表した。ガソリンが上がれば、アルコール燃料との価格差がさらに広がり、ユーザーをとられかねない事態で、アルコール燃料の課税引き上げを強く要望していく方針だ。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品