日産、MSプラットホームを2002年までに小・中型車に完全導入

自動車 ビジネス 企業動向

日産自動車は『サニー』や『プリメーラ』などで使用されている小型・中型クラスのシャシーなど、プラットフォーム(基本部分)を2002年までに完全に共通化、統合する方針を明らかにした。

日産は現行型『サニー』で「MSプラットフォーム」と呼ばれる新しいプラットフォームを導入した。先月から発売が開始された『ブルーバードシルフィ』にも、このプラットホームが使われているが、今後発売されるモデルも順次このタイプに切り替え、2002年度までに小型・中型車クラスは全てこれに切り替える予定だという。

導入の目的は開発費の低減と量産効果によるコスト削減で、日産で現在発売しているモデルのおよそ30%、16車種にこのプラットフォームが使用できるという。導入可能な全ての車種に採用された場合、単一のプラットフォームとしては最大規模の年間90万台規模になる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  3. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  4. 日本板硝子、長波長紫外線をカットする自動車向けガラス製品化へ…世界初

  5. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  6. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  7. 生産現場にもVR? 自動車のエンジン組み立てる“バーチャル工場”

  8. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  9. マセラティ クアトロポルテ と ギブリ、米国でリコール…ATに不具合

  10. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

アクセスランキングをもっと見る