日産、MSプラットホームを2002年までに小・中型車に完全導入

自動車 ビジネス 企業動向

日産、MSプラットホームを2002年までに小・中型車に完全導入
  • 日産、MSプラットホームを2002年までに小・中型車に完全導入
  • 日産、MSプラットホームを2002年までに小・中型車に完全導入
日産自動車は『サニー』や『プリメーラ』などで使用されている小型・中型クラスのシャシーなど、プラットフォーム(基本部分)を2002年までに完全に共通化、統合する方針を明らかにした。

日産は現行型『サニー』で「MSプラットフォーム」と呼ばれる新しいプラットフォームを導入した。先月から発売が開始された『ブルーバードシルフィ』にも、このプラットホームが使われているが、今後発売されるモデルも順次このタイプに切り替え、2002年度までに小型・中型車クラスは全てこれに切り替える予定だという。

導入の目的は開発費の低減と量産効果によるコスト削減で、日産で現在発売しているモデルのおよそ30%、16車種にこのプラットフォームが使用できるという。導入可能な全ての車種に採用された場合、単一のプラットフォームとしては最大規模の年間90万台規模になる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アウディジャパン、大喜多寛前社長が急逝

    アウディジャパン、大喜多寛前社長が急逝

  2. アウディジャパン、大喜多社長が退任…新社長に斎藤徹氏

    アウディジャパン、大喜多社長が退任…新社長に斎藤徹氏

  3. アウディジャパン 大喜多社長「信頼回復に向けてすべての懸念事項に対応する」…排ガス不正問題

    アウディジャパン 大喜多社長「信頼回復に向けてすべての懸念事項に対応する」…排ガス不正問題

  4. ホンダ、英超軽量スポーツにエンジン供給継続…シビック タイプR 用

  5. ポルシェ、研究開発担当取締役が退任…ディーゼル問題の影響

  6. BMW 7シリーズ 新型、米10ベストインテリア2016に輝く

  7. 【鈴木亜久里インタビュー】カストロールはエルメスやアルマーニと同じ、信頼されるものが残る…後編

  8. 高速道路の渋滞、年間ワースト1位は「海老名JCT~横浜町田IC」

  9. アウディ、ドイツ工場を拡張…改良新型 A8 を生産開始

  10. 米国新車販売3.6%増の150万台、GMが2か月ぶり首位…4月

アクセスランキングをもっと見る