今まで無かったのが不思議な『オデッセイ』の中間グレード誕生 | レスポンス(Response.jp)

今まで無かったのが不思議な『オデッセイ』の中間グレード誕生

自動車 ニューモデル 新型車

本田技研工業は31日、『オデッセイ』に中級グレードの「MQ」を設定し、同日から全国の取扱店で発売を開始した。

MQは、オデッセイ最量販グレードの「M」に、ディスチャージヘッドランプや木目調の内装、本革巻きのステアリングホイールなど、上級装備を盛り込んだ。従来「M」と、上級グレード「L」の中間に位置するグレードはなく、価格差はなんと32万円もあった。今回、ここに中間のグレードを設定することで、オデッセイのさらなる拡販を狙う。

価格は236万5000円で、Mとの価格差は9万円。シリーズ合計の月販目標は8000台となっている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品