【リコール】今度は隠さなかった。『リベロ』のブレーキランプ不点灯 | レスポンス(Response.jp)

【リコール】今度は隠さなかった。『リベロ』のブレーキランプ不点灯

自動車 社会 行政

【リコール】今度は隠さなかった。『リベロ』のブレーキランプ不点灯
  • 【リコール】今度は隠さなかった。『リベロ』のブレーキランプ不点灯
  • 【リコール】今度は隠さなかった。『リベロ』のブレーキランプ不点灯
三菱自動車工業は『リベロ』の電気装置に不具合があったとして、運輸大臣に対してリコール(回収・無償修理)を届け出た。同社の生産工場での完成検査で発覚したもので、7月のクレーム情報の隠蔽とは別のもの。対象となるの2000年6月6日から8月3日までに生産した1006台。

対象のクルマでは、スペアタイヤを固定するタイヤハンガーにおいて、当該ハンガーを車体に吊るして固定するホルダーの形状が不適切である。そのためスペアタイヤ格納時に電気配線がホルダーにより損傷し、最悪の場合、車体後部の灯火類が点灯しなくなるおそれがある。

今回の一件は生産工場で発覚したため、クレーム件数は0件だ。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品