トヨタの製作技術を見せつけるクルマ、それが『オリジン』だ | レスポンス(Response.jp)

トヨタの製作技術を見せつけるクルマ、それが『オリジン』だ

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタは28日、国内自動車生産累計1億台達成の記念事業の一環として、トヨタの歴史を象徴する初代『クラウン』をモチーフとした記念車である『オリジン』を製作、全国のトヨタ車販売店を通じて11月1日より、1000台程度を販売することを明らかにした。オリジンは『プログレ』をベースに、普段は同社の最高級車『センチュリー』を製造しているラインで製作を行う。そのため、センチュリーに投入されている製作技術が惜しみなく注ぎ込まれている。

具体例を挙げると「量産プレス技術では難しいデザインのフロントフェンダー、クォーターパネルまわりは分割成形、クラフトマンの目と手により、外板面の合わせに細心の注意を払った造り込みを行う」ほか、フロントフェンダーパネルとフロントエンドパネルも、継ぎ目をなくす接合技法で一体化する。塗装はセンチュリーと同じクオリティで行われ、本革シートや本革巻きのコンソールは、縫い目のピッチにまで気を配り、コンソールなどには本木目を使用。美しい木目を厳選するという。

エンジンは3.0リットルVVT-i/直6を採用、イモビライザーや、7インチワイド液晶モニターを使用したDVDナビなどが組み合わせられる。

価格は700万円。全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツトヨタ店、トヨタビスタ店で予約を受けつける、という。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品